Balzano Japan

menu

About Balzano

HISTORY バルザーノについて バルザーノの歴史

1908年、ローマ時代から鉄が豊富だったイタリアの町ウェレスで、バルザーノは創立されました。その歴史あるバルザーノの歩みをご紹介いたします。

1908 Establishment

1908年、ローマ時代から鉄が豊富だったイタリアの町ウェレスで、バルザーノは創立されました。産業革命の初期から造られた、Cravetto(クラベット)と呼ばれた製鉄工場が、その始まりでした。
当時、アルミニウムを溶かすために電気オーブンを使う会社として、世界No.1の企業でした。

1936 Guinzio Rossi
1936年度、Cravetto製鉄会社において、Guinzioロッシが誕生しました。そして、それは全イタリアの家庭用アルミニウム製品を製造する最も大きなメーカーになりました。Guinzioロッシは、身近なプロダクトデザインと建築の先駆者で、有名な建築家カルロー・モリーノからの協力を得て、先進的なデザインの開拓を進めました。
彼らは意気投合し、洗練されたデザインの家庭用商品と家具を設計、製造していきました。
1980 Marco Zanuso
その後、1980年代にサビノ・バルザーノによって継承されて以来、何百年もの長い年月をかけ、今日のバルザーノブランドを作り上げてきました。彼は、マルコZanusoというイタリアで最も有名なデザイナーを招き、ステンレス製のキッチンアイテムをデザインするようになりました。
マルコZazusoは、モダンデザイン運動の父となり、当時なんの変哲もない形状であった家庭用品に、創造的でミニマリストデザイン(ミニマルアートデザイン)を取り入れようとしました。

彼らは、バルザーノの最も有名な作品(特にLa Kiccaという名で呼ばれていたCarmencitaというコーヒーポット)を開発しました。このコーヒーポットは、Lavazzaとともに、富裕層とビジネスマンにコーヒー・メイキングを広めた、記念碑的な作品にとなりました。

1990 Four Seasons

90年代に入り、バルザーノは、スイスの陶器会社Langenthalに引き抜かれました。そこで彼の作品はさらに強化され、家庭用品市場で、一流のマニュファクチャとしてのブランド力を得たのです。

バルザーノのデザイン調理器具がプロのシェフと五つ星のホテル(フォーシーズンズホテルなど)のキッチンに迎え入れられたのは、成長のこの段階での出来事でした。今日、Balzanoは、再び独立し、さらに進化しています。高品質な製品を生み出せる彼の功績は、唯一無二のものでした。
ドイツのWMFやスイスのSpring社、イタリアのLavazzaとSambonetのために、最も上品で高品質な調理器具を生産するパートナーでもあります。

2016 Balzano Japan
2016年、バルザーノジャパンが創立されました。イタリアの洗練されたデザインと技術により、高品質な製品を長きに渡り生み出してきたバルザーノがついに日本での販売を開始。

© 2016 Balzano Japan. All Rights Reserved.